めざましテレビ歴代女性アナウンサーを紹介

headr_B005001

今や朝の顔として不動の地位を築いている

めざましテレビ

数々の有名な女性アナウンサーが

登場し、その時代を彩ってきたのですが

 

今回はそんな女性アナウンサーたちの

レジェンドたちから今のフレッシュまで

歴代紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

めざましテレビとは?

img_logo_mezamashiTV

もうすでに説明は不要かと思われますが、あえて説明したいと思います。

めざましテレビとはいったいいつから始まった番組なのだろうか。

番組が始まったのは今から約23年前、1993年4月1日から始まりました。

番組の当初の目的としては、他局の「ズームイン」との差別化を図るために生まれました。

その後何度かの番組リニューアルを迎え、今の形になりました。

女性キャスターは言うまでもありませんが、男性キャスターも様々な方がいました。

特に大塚さんと軽部さんのお二人は長らく番組の顔となっておりましたね。

男性キャスターは番組開始から今現在まで3代となっており、大塚さん、伊藤さん、そして現在の三宅さんとなっております。

対して、女性アナウンサーは今現在で7代となっております。

これはおそらくではありますが、朝の顔という事でフレッシュさと知性と年齢を加味しての交代となってオリのではないでしょうか。

ではその数々の女性アナウンサーたちを紹介したいと思います。

 

【めざましテレビ歴代女性アナウンサー】初代アナウンサーと2代と3代を一気に紹介。

mezamashi-yagiakiko_1

初代めざましテレビ女性アナウンサーは、八木亜希子さんという方です。

彼女は番組開始の1994年4月1日から1998年3月27日までメインの女性キャスターを務めております。

二代目アナウンサーの方は、小島奈津子さんです。

彼女は初代キャスターの八木さんよりも倍の1997年3月31日から2003年3月28日までアナウンサーを務めております。

めざましテレビといえばこの方、という人もいるのではないでしょうか。特に大塚さんとのやり取りはほほえましく、お茶の間からもなっちゃんの愛称で呼ばれておりました。

何事も3代目が大事といわれておりますが、3代目の方はさほど有名ではありません。

木佐彩子さんほかの方に比べると、短く1年足らずと非常に短く終えております。

 


スポンサーリンク

【めざましテレビ歴代女性アナウンサー】4代目は

g2008102001ayapan_b

 

4代目の方は、いわずもがな高島彩さんです。

高島さんは2003年3月31日から2010年10月1日と今までの方たちとは最多の7年となっております。退任したのが半端なのはミュージシャンの北川悠仁さんと結婚したからかです。またこの方から女子アナにパンがつけられるようになったともいわれております。さらに同時期に中野美奈子さんなど、アイドルのような女子アナが増えており、この時から、女子アナ単体の番組や才色兼備のが強く押されるようになったのではないでしょうか。

 

【めざましテレビ歴代女性アナウンサー】5代目は

syop20120927_01

 

5代目は生野陽子さんです。生野さんは2010年10月4日から2014年9月26日の約4年務めております。務めている期間はさほどでもないのですが、退任している時期に注目ください。この方も半端な時期にやめております。寿退社です。ある意味番組で報告し退任する。という流れを作った高島さんのマナーに則っての行動なのでしょうか。ともあれ様々な意味で高島さんが革新的なアナウンサーであったということではないでしょうか。

勝手なイメージなのかもしれませんが、生野さんはめざましテレビに出る前は少しバラエティよりな印象が強かった気がします。しかしこのめざましテレビに就任してからは、生真面目にニュースを読む姿が見られ、ちょっと印象が変わった気がしました。

 

【めざましテレビ歴代女性アナウンサー】6代目はあの方

ayako_kato_201107021a5

6代目は、歴代の中ではトップクラスの人気を誇る加藤綾子さんです。

在任年月は2012年4月2日から2016年4月1日と、いたって普通で、寿でもなく普通に退社し、フリーのアナウンサーになっております。しかし巷では不動のエースいわれるほど大人気を博した加藤さん。フリー後はバラエティ番組でめざましテレビの苦労話は語っておられました。基本的に朝が早い為(というか深夜に起きる)友達と予定が合わず、遊ぶ友人が少なくなってしまったこと、フリー後は一日家にいられる時間があり、逆にどうしていいかわからないとも語っております。

在任時は、生野アナとの不仲説がささやかれ、いろんな意味でお茶の間の目を覚まさせたアナウンサーです。気持ちめざまし時よりもフリーになった時のほうがお化粧が濃いのは気のせいでしょうか。

 

【めざましテレビ歴代女性アナウンサー】現在の7代目と終わりに

不動のエースの後任は永島優美さんというアナウンサーです。

エースの後任はに重いと思いますが、このかた、お父様もアナウンサーの方である意味サラブレッドといいますか、硬い人事でありましょう。

お父さんはものまねなどで有名なアナウンサーの方で、噛むのが有名ですね。しかしこの永島さんは局内でも噛まないことで有名だそうです。彼女の今後に期待ですね。

朝の番組は日曜を外しほぼ毎日あるわけで、深夜に起き、仕事をするというのは、これほど重労働はないでしょう。毎日違うニュースを読み(当たり前ですが)笑顔でTVに向かう。

おそらくは精神的にも肉体的にも笑顔を向けたくない時があったでしょう。そう思うと皆さんには脱帽と敬礼しか出ません。めざましテレビ歴代女性アナウンサーについてでした。



スポンサーリンク