ハロー張りネズミ ドラマに瑛太がキャスト!

IMG_1106

ハロー張りネズミ ドラマに瑛太がキャスト!

弘兼憲史原作伝説の名作をドラマ化!変幻自在な探偵ドラマが誕生!

2017年7月からTBSが金曜ドラマ枠で「ハロー張りネズミ」が放送することが決定。

原作は「島耕作シリーズ」の弘兼憲史さんの同名漫画。人情、サスペンス、企業もの、超常現象に至るまで幅広いテーマを扱った大人気作となってます。

そんな、瑛太さん主演のドラマである「ハロー張りネズミ」について詳しくご紹介したいと思います!


スポンサーリンク

ドラマ『ハロー張りネズミ』の基本情報とは

原作:弘兼 憲史「ハロー張りネズミ」(講談社「ヤングマガジンKC所載」)

脚本/演出:大根 仁

プロデュース:韓 哲・市山 竜次(オフィスクレッシェンド)

制作:オフィスクレッシェンド・TBS

ドラマ『ハロー張りネズミ』のあらすじとは

東京都板橋区、下赤塚にひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。

お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にてバイトの萌美にちょっかいをだす日々。

そんな中、所長の風かほる(山口智子)から以来が来る。

二人は事務所を訪ねてきた依頼者川田という男に話を聞くと、一か月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。

その話を聞いた五郎とグレは…。


スポンサーリンク

ドラマ『ハロー張りネズミ』のキャスト

◾️瑛太:七瀬 五郎
通称・ハリネズミ。

あかつか探偵事務所の探偵。

ハリネズミのようなヘアスタイルと、寝ないで相手を尾行することが得意なことから「ハリネズミ」と呼ばれている。

おバカでスケベでおせっかい、ちょっと抜けているところもあるが、人情深くてケンカも強く、直感と嗅覚と行動力が抜群で探偵としての才能を持つ。

あかつか探偵事務所のムードメーカー。2014年のドラマ『若者たちへ』から2年ぶりの連ドラ出演となる瑛太さん。

2016年も映画、舞台にと活躍されていたのでドラマ出演自体が久しぶりとなります。

以外にもTBSの連ドラは今作が初主演。

ドラマ出演も、13年前の「オレンジデイズ」以来、ということで、さらに驚きです!瑛太さんがどんな役作りをするのか、楽しみですね。

五郎は「ハリネズミ」のような髪型が、特徴なのですが、瑛太さんは猫毛・・。

はたしてどうなる!?

◾️四俵 蘭子:深田 恭子

あかつか探偵事務所のメンバー。ミステリアスでその正体は謎だが、とにかく美人。

あることがきっかけで五郎と知り合い、あかつか探偵事務所に入る。

2017年1月期のドラマ『下剋上受験』では、ヤンキー上がりのかわいい妻を演じて話題となった。深田恭子さんが、早くも同枠に登場です!

ヒロインが深キョンなら、安心してドラマを楽しめるというほど、毎回期待を裏切らない!

今作では「新・深田恭子」を見せてくれるそうですよ(^^)

◾️森田 剛:小暮 久作
通称・グレさん。あかつか探偵事務所の探偵で五郎の相棒。

元はプロのギャンブラーで洞察力に長けている。普段は明るいが、実は暗い過去をもつ。

お化けが大の苦手。五郎と同じくおバカでスケベ。役者としての存在感が増してきた森田剛さんがグレさんを演じます。

ビジュアル的には原作の雰囲気とはちょっと違う!?ようですが、なぜ森田さんがグレさんに抜擢されたのかは、大根監督のみが知る 。

森田さんの演技に注目です!

◾️風 かほる:山口智子
あかつか探偵事務所の所長。

いつも事務所で昼間からお酒を飲んでいる!?ことが多い。人望がある五郎たちのボス。

もうね、52歳とは思えないですよ・・山口さん。

2014年に約10年ぶりにドラマ復帰しましたが、ドラマ復帰前と復帰後のビジュアルが、ほとんど変わらない。奇跡の50代です。

今作では昼間から飲みます。豪快です。なんとなく想像もつきます。

劣化しない山口さんと魅力的な深キョンという2人の美人を毎週観られるのは大変嬉しいですね。

主要キャストとなるあかつか探偵事務所のメンバーをご紹介しました!

ドラマ『ハロー張りネズミ』のその他のキャスト

◾️尾津 蓮子

四俵蘭子の姉。

「ファイル20」で登場し、七瀬と恋人関係となったが、「ファイル22」(単行本第3巻)で事件に巻き込まれ、死亡。

◾️マスター

氏名は不明。

あかつか探偵事務所の向かいにある喫茶店、「リバティーハウス」のマスター。年齢不明、独身。

「ファイル以前」から登場しており、七瀬と小暮はここの常連である。事件の発端となることもある(依頼の他、目撃者となる、など)。

◾️朝子

苗字は不明。

元々は夢子が家庭教師をしていた令嬢。

9歳(「ファイル10」、単行本第2巻)。七瀬になついており、途中まで準レギュラーの扱いだった。

◾️五十 嵐白梅

南 謙次郎

元記者で、蘭子の元恋人。「サンダー交易疑獄事件」において、東京拘置所内で刺客に射殺される。

◾️河合 節子

霊能力者の中年女性。「ファイル133」(第14巻)で初登場した。オカルト絡みの事件で度々登場する。

家庭を持っており、普段は専業主婦として暮らしている(子供が何人かいる模様)。

書道家でもあり、事件の際は「出張で習字を教えに行く」と説明しており、家人には能力の事は伏せてある。

ドラマ『ハロー張りネズミ』の視聴率はどうなるか?

ドラマ、ハロー張りネズミの視聴率は、どうなるでしょうね?

この金曜日の夜10時の時間帯は、他局の映画次第で、視聴率が左右されるところがあるように思います。

そういう意味では、ハロー張りネズミも、映画次第で視聴率が変わったりもするのでしょう。

ただ、推理もので、変わっている内容のようなので、飽きずに見られそうですよね。

そういう意味では、ハロー張りネズミの視聴率は、いい感じの視聴率をキープしていくのではないでしょうか。

ドラマ『ハロー張りネズミ』の原作とは

ハロー張りネズミには、漫画の原作がありますね。『課長島耕作』などの弘兼憲史さんが描いた「ハロー張りネズミ」ですね。

作者: 弘兼憲史

出版社/メーカー: 講談社

発売日: 2012/12/17

メディア: Kindle版

そのままのタイトルですが、すでにマンガは終わっているので、結末やストーリーを知りたいなら、マンガのハロー張りネズミを読んでみるというのもありだと思います。

ドラマ『ハロー張りネズミ』のみどころとは

ドラマ「ハロー張りネズミ」は25年以上前の漫画ですが、1991年に映画化、1996年に緒形直人さん主演でスペシャルドラマとして映像化され、さらに台湾でもドラマ化された人気コンテンツです。

そんな「ハロー張りネズミ」が大根仁監督の手によってどのように蘇ることになるのか注目ですね。

大根仁監督自身もいつかドラマ化してみたい作品だったそうで7〜8年前から温めてきた作品なんだそうで、かなり楽しみです。

今作の見どころは、やっぱり瑛太さんらキャストの演技でしょう!

登場人物のキャラが濃いですからね!

演出を手掛ける大根監督がそれぞれの役者さんの個性をどう引き出すかも楽しみです。

プロデューサーの韓哲氏も、「今作で新しい深田恭子像を見せたい」と深田さんご本人ににおっしゃったそうですが、これはメインキャスト全員にいえるかもしれません。

というのも、バカでスケベな五郎と瑛太さんがこれまでに演じてきた役のイメージと全く違いますし、昼間から飲んだくれている豪快な女所長を山口智子さんが演じるというのもありそうでなかった設定です。

グレさんのキャラと森田剛さんもぜんぜん結びつかないし、想像もつかないけどアリなのかな、とか。

”探偵もの”の枠を超えた原作も、キャスト陣にしても”これまでにない感”がして、とても興味深いです。

第一話から心を掴まれそうな予感ですね(^^)

ハロー張りネズミ ドラマに瑛太がキャスト!についてでした。



スポンサーリンク