ジョジョ 映画 ネタバレを試写会で!【閲覧注意&禁止も】

2017-06-16_14h26_31

ジョジョ 映画 ネタバレを試写会で!【閲覧注意&禁止も】

ジョジョの奇妙な冒険4部の実写映画の公開日がだんだんと近づいていますね!

あらすじ・ストーリー部分はいったいどうなっているのか?

試写会はいつから応募が始まるのか?

凄く気になりますよね(^^♪

そこで今回は、ジョジョの奇妙な冒険4部の実写版のあらすじなど詳しくご紹介し、最後に試写会についてお伝えしたいと思います(=゚ω゚)ノ


スポンサーリンク

原作あらすじのネタバレ≪はじまり序盤≫

ジョジョの奇妙な冒険の第3部

『スターダストクルセイダース』の主人公だった空条承太郎が“叔父”にあたる東方仗助を尋ねるところからストーリーは始まります。

ジョースター家因縁の敵ディオを倒した後承太郎は海洋冒険家として世界を旅してしました。

そのようななか祖父であるジョセフ・ジョースターがすっかり老いてしまい先がもう長くないことを悟ります。

遺産相続の配分のため、承太郎はジョセフの浮気相手とその隠し子である東方仗助のことを調査することになりました。

(ジョセフ・ジョースターは第2部の主人公でもありますが、スージーQと結婚してからもかなり女癖が悪かったんですね!)

調査した結果、東方仗助は警察官の祖父と教師の母朋子ともにM県S市杜王町に住んでいることが判明します。

そして叔父にあたる仗助はまだ高校生で承太郎より年下だということも。

と同時に、ジョセフのスタンド能力の念写によって、凶悪な犯罪者でスタンド使いでもあるアンジェロ(片桐安十郎)が杜王町に潜伏していることもわかります。

原作あらすじネタバレ≪仗助との出会い≫

承太郎は仗助に会うため杜王町までやってきましたがそこで偶然不良に絡まれている仗助にあいます。

はじめのうちはヘラヘラして腰の低かった仗助でしたがリーゼントの髪型を馬鹿にされた途端とつぜん瞬間湯わかし器のようにキレてスタンドを発動して不良リーダーを倒してしまいます。

みていた承太郎は彼がすでにスタンド能力を開花させていることに驚きました。

承太郎は祖父ジョセフのことを伝えるとともに凶悪犯アンジェロが近所の潜伏しているから気をつけろと仗助に警鐘をします。


スポンサーリンク

原作あらすじネタバレ≪凶悪犯アンジェロ≫

アンジェロは本史上最悪の殺人鬼といわれ仗助の祖父、警察官の良平によって逮捕され刑務所にブチ込まれていました。

ところが投獄中に突然スタンド能力を開花させて脱獄してしまいます。

脱獄後、犯罪を楽しむために杜王町にやってきたアンジェロでしたが仗助によって犯罪行為を妨害されたことから逆恨みし仗助の命も狙うようになります。

さらに仗助の祖父がかつて自分を逮捕した警官だと知ったアンジェロはスタンド能力で祖父を殺害してしまいます。

仗助は殺された祖父の意思を継いて悪の手から杜王町を守ることを誓いとともに承太郎と一緒に祖父を殺害したアンジェロに戦いをいどみます。

そして、激闘のすえついにアンジェロを追い詰めて倒しますがこのときアンジェロからある人物から「矢」で射抜かれたことでスタンド能力を得たとの情報を入手します。

原作あらすじネタバレ≪虹村兄弟≫

承太郎はすぐにそれらの「矢」を放った人物がディオの関係者だと知ることになります。

その人物はこそ虹村兄弟の兄、虹村形兆だったのでした。形兆は弟の億泰を従えてスタンドを使い街中の人たちに「矢」を射ちまくっていました。

その結果、杜王町ではスタンド使いがどんどん増えてきます。ある日、仗助は友人の広瀬康一と学校から帰宅中に虹村兄弟に遭遇し億泰によって因縁をつけられます。

このとき、康一は虹村形兆から「矢」で射抜かれてスタンド使いになってしまいます。

そして仗助は虹村兄弟と激しいスタンド戦を展開しますが、最後は仗助のスタンド「クレイジーダイヤモンド」によって虹村形兆を撃破します。

このとき仗助は形兆が街中の人たちに「矢」を射ちまくった理由を聞かされます。

原作あらすじネタバレ≪ラスト結末≫

その理由とは、かつてディオの部下となった父親は「肉の芽」を植えられたのですが、ディオが死んでことで「肉の芽」が暴走し父親がモンスター化してしまったことが原因でした。

モンスター化した父親は人間だったときの記憶を完全に失いさらには絶対に殺せない肉体に変貌してしまっていたのでした。

自業自得とはいえ父親を不憫と感じた虹村兄弟はせめて人間らしく死なせるために父親を殺せるスタンド使いを見つけるため「矢」を射ちまくっていたのでした。

そして最後にはモンスター化した父親にも家族愛が残っていることを知ります。

虹村兄弟が改心したのもつかの間形兆は「矢」で討った男のスタンドによって殺され「矢」も奪われてしまいます。そして物語は次へと続きます。

映画「ジョジョの奇妙な冒険~ダイヤモンドは砕けない~」のキャスト紹介

◆東方仗助役:山崎賢人◆

◆広瀬康一役:神木隆之介◆

◆山岸由花子役:小松菜奈◆

◆虹村形兆役:岡田将生◆
◆虹村億泰役:真剣佑◆

◆片桐安十郎役:山田孝之◆

◆空条承太郎役:伊勢谷友介◆
◆三池崇史監督◆

原作の設定を変更している?!

◆広瀬康一の設定変更
原作からの設定変更:広瀬康一が転校生として扱われる原作ファンとしてはこの設定変更は許せないという声が多数上がっております。

原作では広瀬康一は杜王町という町にとても愛着を持っております。そして町への愛着を持っている雰囲気にホッとするシーンもあります。

また、町への愛着から出てくる名言も存在しており、その名言は是非とも取り上げてほしい!と望む声が多いですね。ただ、今回はそれも叶わないということですか。

このような杜王町に愛着を持つ広瀬康一というキャラクターを壊すことに原作ファンは怒りを抱いております…。

◆山岸由花子の設定変更
原作からの設定変更:転校してきた康一の世話係を命じられ、強い使命感を抱いているこれはどう考えてもまずいですよね…。

山岸由花子といえば、広瀬康一のことを運命の相手だと思い込み、一方的な好意を抱き、いわば『ヤンデレ』を先取りしたとも言われるキャラクターとして有名です。

その愛ゆえに康一を自宅に閉じ込めてしまうほどの愛を見せ、その後、康一とのスタンドバトルに敗北し、命を救ってもらいます。

その後も康一に相手にされなくとも愛し続けるという一途な愛を抱いているキャラクターです。そんな広瀬康一への愛を前面に押し出す山岸由花子を見られないとなると、これはジョジョ原作ファンは黙ってないですね。

毒気を抜かれたような山岸由花子を登場させることで、どのようなオリジナルストーリーへと改変させていくのか…どのような形になったとしても、ジョジョ原作ファンの中で炎上騒ぎになることは目に見えていますね…。

ジョジョの原作ファンから批判炎上?!

今回の『ジョジョの奇妙な冒険』実写化に伴い、広瀬康一と山岸由花子へのオリジナル設定がされており、原作設定と変更されているこの事実にファンは黙っておりませんね…。

下にファンからの批判炎上状況をまとめてみます。

 

・ん??4部の内容かえるつもり?由花子が世話係?使命感から好きになるとかは嫌だよ。由花子の愛情はそんなんとは違うよ?????再現する気ないのか…監督ジョジョ知らないのかな

 

・ちょっとちょっとちょっと~~原作と全然話変わってるじゃないですか~やっぱりオリ設定ぶち込んできたか……糞映画の方向へと着実に流れてるぞ……

・由花子さんは「命じられた」んじゃなくて「勝手に運命の人だと思い込んで勝手に世話をし始めた」んだろうがボゲがッそこが由花子の狂気な魅力なんだろうがッてか誰に命じられるんや?仗助くんか?そこまで由花子さんと仗助くん仲良い描写ねぇだろうが!

・あのさ、康一くん転校生で地元民じゃなければ杜王町に愛着ないよね?鈴美おねーちゃん出てきてもあの「誇り」と「平和」の台詞は康一くんの心に響かないんじゃないの…?

やはり原作設定を変更してしまうのはまずいのではないでしょうかね…。

これってもしかして、オリジナルストーリーを展開するために設定変更しているのでしょうか?そうなってくると、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』のストーリーとしてではなく、別物の作品として見る覚悟も必要となってくるのでしょうかね…。

いったいどのような作品に仕上げてくれるのか、そして現状の原作ファンの批判炎上を見事に払拭し、第3章まで見事に駆け抜けてくれるのか…。

原作とは結構違うような気がしますが映画の技術はすごいみたいなので映画を観に行く価値はありそうですよね(^^)

試写会はまだ応募することができません…。

だいたい、公開の1カ月前から応募できるようになるので7月4日あたりではないかと予想しています!

とても楽しみですね♪

映画「ジョジョの奇妙な冒険〜ダイヤモンドは砕けない〜」の試写会が待ち遠しい!映画のネタバレ情報を予想してみた!ジョジョ 映画 ネタバレを試写会で!【閲覧注意&禁止も】についてでした。



スポンサーリンク