コウノドリ 続編のキャストにあいつがいない!?

IMG_1104

コウノドリ 続編のキャストにあいつがいない!?

2017年秋を彩るTBSテレビの金曜ドラマでは、綾野剛さんが主演を務めた大人気医療ドラマ『コウノドリ』の続編2期となる新シリーズ(シーズン2)が放送されることが決定いたしました!

鈴ノ木ユウさんの同名マンガを原作とし、2015年10月期の前作は最高視聴率12.6%(第8話)、全話平均視聴率でも11%超えを記録し、続編に期待する声も非常に多かっただけに今回の発表は大きな注目を集めていますね。

そこで今回はコウノドリの続編のキャストや詳しい情報についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

秋ドラマ『コウノドリ2』のキャストとは

◾️鴻鳥 サクラ(こうのとり さくら)/ 綾野 剛

1982年1月26日生まれで現在35歳の綾野剛さんは、2003年の『仮面ライダー555』(怪人役)で俳優デビュー。

2006年の『全速力海岸』で映画初主演、翌2007年にはテレビ神奈川ドラマ『イヌゴエ』でテレビドラマ初主演を果たします。

その後は日本テレビドラマ『Mother』(2010)、NHKドラマ『セカンドバージン』、映画『GANTZ』(2011)などメジャーな作品にも頻繁に登場するようなり、一気に注目を集めるようになりました。

さらにNHK連続テレビ小説『カーネーション』で残した強烈なインパクトにより、登場回で最高視聴率を叩き出すなど、国民的人気を獲得。

2013年には映画『横道世之介』と『夏の終り』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

その翌年も『そこのみにて光輝く』での演技が絶賛され、様々な賞レースを席巻しました。

2017年には現在放送中の『フランケンシュタインの恋』でも主演を務めている他、映画『武曲 MUKOKU』や公開予定の『亜人』など、まさに引っ張りだことなっていますね!

前作で単独ドラマ初主演を飾った綾野さんは、もちろん今回も産婦人科医とジャズピアニストという2つの顔を持つ主人公・鴻鳥サクラを演じます。

◾️下屋 加江(しもや かえ)/ 松岡茉優

2008年のテレビ東京『おはスタ』のおはガールとして本格的に芸能界デビューを果たした松岡茉優さん。

2006年頃からすでに女優として映画やドラマには出演していた松岡茉優さんですが、2013年のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』をきっかけに一気に注目を集めることになりました。

その後、フジテレビドラマ『She』(2015)でドラマ初主演。

NHKドラマ『水族館ガール』(2016)や大河ドラマ『真田丸』(2016)などの話題作に出演し続けています。

2017年夏クールには日本テレビの『ウチの夫は仕事が出来ない』にもメインキャストとして出演することが決定しており、今最も旬な若手女優の一人だといえますね!

そんな松岡茉優さんが演じる下屋加江は、前作でまだ後期研修医1年目ということで、まだ頼りない存在でしたが、2年という月日が彼女をどう成長させたのかという点に注目です!

◾️小松 留美子(こまつ るみこ)/ 吉田 羊

元々は舞台役者として1997年にデビューを果たしていた吉田羊さん。

(当時は本名の“吉田羊右子”名義で活動)2007年4月から初めて事務所(ORANKU)へと所属し、昼ドラの『愛の迷宮』(2007)にてテレビドラマ初出演。

翌2008年にはNHK連続テレビ小説『瞳』に出演し、その高い演技力に注目が集まりました。

その後、NHk大河『江〜姫たちの戦国〜』(2011)やNHK連続テレビ小説『純と愛』(2012)に出演し、さらに女優としての評価を高めることに。

以降も『HERO 第2シリーズ』(2014)や映画初主演を務めた『嫌な女』(2016)、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(2016)など、様々な作品で存在感を発揮し続けていますね。

そんな吉田羊さんが今回も演じることになるのは、ベテラン助産師の小松留美子。

サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)から「先生」と慕われるほどの頼れる存在で、サクラがピアニストの“BABY”だと知る人物(院長と小松のみ)であるだけに、今回はどのような展開が用意されているのか…要注目ですね!

◾️白川 領(しらかわ りょう)/ 坂口健太郎

『MEN’S NON-NO』のモデル(2017年7月号にて卒業)としてキャリアをスタートさせた坂口健太郎さんは、2014年の映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー。

翌2015年には前作の『コウノドリ』で連続ドラマ初出演。同時期にはトリプル主演(鈴木亮平さん、永野芽郁さんと)を務めた映画『俺物語!!』で注目を集めます。

2017年には、日本テレビドラマ『東京タラレバ娘』、7月からはTBS“日曜劇場”『ごめん、愛してる』にもメインキャストとして出演することが決定しており、今後の活躍がますますいる若手俳優の一人と言えますね。

坂口健太郎さんが本作で演じる白川領は、新生児科の医師で松岡茉優さん演じる下屋加江とは同期というキャラクター。

生意気だけど愛されキャラの白川は、新米だった2年前からどのように成長を遂げているのか…注目して見ていきたいと思います!

◾️角田 真弓(かくた まゆみ)/ 清野菜名

2007年にファッション雑誌『ピチレモン』のオーディションでグランプリ・ペンティーズ賞を受賞し、専属モデルとして活動していた清野菜名さん。

(2011年9月号で専属モデルは卒業)2011年頃から女優として活動を開始し、TBSテレビドラマ(及びその後の映画)『桜蘭高校ホスト部』に出演。

その後、映画『TOKYO TRIBE』(2014)や『東京無国籍少女』(2015)で高い評価を獲得しました。

最近ではCMでも引っ張りだことなっている他、映画『暗黒女子』や秋公開予定の『ユリゴコロ』など、様々な場面で彼女の活躍ぶりを見ることができますね。

本作では助産師の角田真弓役を演じており、2年後の設定となっている今回は7年目になりますので、さらなる成長ぶりに期待しましょう!

◾️四宮 春樹(しのみや はるき)/ 星野 源

シンガーソングライターとしても俳優としても大人気を誇るマルチな才能の持ち主・星野源さん。

2003年のフジテレビドラマ『WATER BOYS』で俳優デビューを果たして以降、『タイガー&ドラゴン』(2005)、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(2010)などにレギュラー出演。

さらに2013年には、映画『箱入り息子の恋』(2013)と『地獄でなぜ悪い』(2013)での演技が評価され、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。

そして昨年(2016年)には、一大ブームを巻き起こしたTBSテレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(2016)で主演を務め、大ブレイクを果たすことに。

2017年にはWOWOWの連続ドラマW『プラージュ』でも主演を務めることが決定しており、ますます目が離せない存在となっていますね!

そんな星野源さんが本作でも演じることになるのは、サクラ(綾野剛)と同期入局の産婦人科医・四宮春樹。

情に厚いサクラとは対照的に理論派で冷たい四宮ですが、2人は互いに信頼し合い、リスペクトしている様が前作で描かれていましたが、今回は一体どのような役回りを演じることになるのか…要注目です!

◾️今橋 貴之(いまはし たかゆき)/ 大森南朋

名優・麿赤児さんの次男として生を受けた大森南朋さんは、1993年の映画『サザンウィンズ日本編 トウキョウゲーム』で俳優デビュー。

その後も三池崇史監督の『殺し屋1』(2001)で主演を務め、テレビドラマにおいては『Dr.コトー診療所』や『僕と彼女と彼女の生きる道』などに出演し、注目を集めました。

その後もNHKドラマ『ハゲタカ』(及び映画)、大河ドラマ『龍馬伝』、オリヴィエ・アサイヤス監督の映画『DEMONLOVER デーモンラヴァー』などに出演。

本年(2017年)にはテレビ東京ドラマ『居酒屋ふじ』で民放連ドラ初主演、冬には映画『ビジランテ』の公開も控えており、様々なジャンルにおいて存在感を発揮し続けていますね。

大森南朋さんが今回も引き続き演じるのは、新生児科の部長兼周産期センターのセンター長である今橋貴之。

無愛想だが新生児医療に対して並々ならぬ情熱を注ぐという今橋は、サクラだけでなく他科の医師からも一目置かれる存在。

前作から2年という月日が経過した今、一体どんな変化が起こっているのか?という点に注目ですね!

◾️大澤 政信(おおさわ まさのぶ)/ 浅野和之

舞台役者として活躍されていた浅野和之さんは、名バイプレイヤーとして様々な作品で存在感を発揮されています。

三谷幸喜作品には欠かせない存在で、最近では『清須会議』(2013)や『ギャラクシー街道』(2015)に出演されていますね。

本作ではペルソナ総合医療センターの院長・大澤政信を演じており、サクラがピアニストをしていることを知っている人物(小松と院長のみ)。

産婦人科で問題が起こることを恐れる院長に、今回は一体どのようなことが待ち受けているのか…注目ですね!

◾️向井 祥子(むかい しょうこ)/ 江口のりこ

2000年に劇団東京乾電池へと入団し、2001年頃からテレビドラマや映画に出演していた江口のりこさん。

2003年の映画『ジョゼと虎と魚たち』での体当たりの演技で一気に注目を集めました。

翌2004年には『月とチェリー』で映画初主演に抜擢。

2006年のテレビ朝日ドラマ『時効警察』でもメインキャストとして出演。

最近でも『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(2016)や映画『彼らが本気で編むときは、』(2017)などに出演されていますね。

本作ではメディカルソーシャルワーカーの向井祥子を演じており、その温かな眼差しで人々の心の支えになっていく姿に今回も注目していきましょう!

ドラマ『コウノドリ2』の基本情報

放送日:2017年10月金曜日22時~スタート

放送局:TBS

原作:『コウノドリ』鈴ノ木ユウ(講談社「モーニング」連載中)

プロデューサー:峠田 浩(『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『わにとかげぎす』)


スポンサーリンク

ドラマ『コウノドリ2』の概要とは

続編となる新シリーズドラマ『コウノドリ2』は、前作の2年後が描かれています。

真摯に「命」に向き合う産婦人科医の生き様が描かれている前作の流れを引き継いだドラマとなります。

ドラマ『コウノドリ』は、生まれてくる生命の大切さや重みが描かれており、視聴者に多くの共感と感動を与える名作です。

実際の病院で取材したことがドラマに反映されていて、リアリティの高い描写がされていることが、より大きな感動を与える理由でしょう。

出産を経験されて間もない女性は当然、ドラマ『コウノドリ』に共感するでしょうし、出産して久しい世代の方々も当時のことを思い返して命の大切さを再認識できる貴重なドラマです。

当然、女性だけでなく、男性も然り、まだ出産を経験していない年代も、きっと「命」の重みを知ることのできる良い機会となるでしょう。

安易な動機での流産や児童虐待など命の尊さに対する考え方が希薄化している昨今だけに、ドラマ『コウノドリ2』は是非視聴したいドラマです。

ドラマ『コウノドリ2』の原作とは

ドラマ『コウノドリ2』の原作は、講談社「モーニング」にて現在も人気連載中の鈴ノ木ユウが描く同名漫画『コウノドリ』です。

ただいま単行本は、1巻から17巻まで発売中で、2017年06月23日には18巻が発売されます。

◾️鈴ノ木 ユウさんのプロフィール

1973年生まれ、山梨県甲府市出身。

中華料理屋の長男として生まれる。大学卒業後はロックスターを目指してミュージシャンとして活動するが、友人の勧めで漫画家を目指す。

2007年『東京フォークマン/都会の月』が第52回ちばてつや賞準入選。

2010年『えびチャーハン』が第57回ちばてつや賞入選と同時に「モーニング」初掲載。

2011年『おれ達のメロディ』を短期集中連載。

2012年8月『コウノドリ』が「モーニング」で短期集中連載の時に大好評だったため、2013年春、週刊連載となった。

2016年5月『コウノドリ』で第40回講談社漫画賞・一般部門受賞する。

ドラマ『コウノドリ2』あらすじとは

2017年10月期に放送される『コウノドリ』の続編2期は、前作同様鈴ノ木ユウさんの同名マンガを基に、オリジナルの題材を加えたストーリーとなっています。

そのあらすじに関しては、現時点で明らかにされておりませんが、2015年放送の前作から2年後というリアルな時間の経過を辿っているようですね。

◆あらすじ
ドラマを観た人すべてが、自分の、身近な人の、あるいは見知らぬ人の「命」について感じ、考え、生きていることに感謝する…

社会の中で「命」を生み出し、育ててゆく意味を考える…。

リアルに母親世代である人々だけではなく、近い将来お母さんになるだろう女性たち、若い世代にも「命」の重みを知ってもらいたい。

出産や子育ては女性の問題と思っている男性たちに、生まれてくる命を守ること、育てることは自分たち、そして社会全体の責任であることを感じてもらいたい。

さらに子供たちにも、自分たちが生きている意味を少しでも考えるキッカケになって欲しい。

そんなメッセージを込めてお届けします。

コウノドリ2もとても楽しみですね( ^ω^ )

コウノドリの続編が決定!キャストはどうなっているのか?についてでした。



スポンサーリンク