過保護のカホコ キャストやあらすじ相関図は?

2017-06-28_15h13_36

過保護のカホコ キャストやあらすじ相関図は?

2017年7月12日から日本テレビ系列でドラマ「過保護のカホコ」の放送が始まります。 あの「家政婦のミタ」を手がけた遊川和彦氏の脚本です。

主演は高畑充希さん。

出演者には、黒木瞳さん、時任三郎さんという豪華なメンバーです。

そこで今回はドラマ「過保護のカホコ」のキャストや相関図、スタッフ情報、そしてあらすじ等気になることをまとめてご紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

ドラマ「過保護のカホコ」のあらすじと原作

ドラマ「過保護のカホコ」のHPを見てみると、

『史上最高の箱入り娘は、家族の危機を救えるのか?』
という大きな文言が!!
史上最高の箱入り娘?気になりますね~。

家族の危機とはなんぞや??

このストーリーは、現代の日本が生んだ「過保護の象徴」のような女子大生・カホコが主人公です。

 

何から何まで親の手助けのもと、温々と生きてきた「奇跡の純粋培養人間」です。

就職間際の21歳にして、一度もアルバイトしたことがないという・・・。
一人で服すら選べないんです。

 

毎回、家からは送迎付きで駅まで行っていたので、歩いた事がないというのです・・・。

そんな、ないない尽くしのカホコ。
抗菌のビニールハウスから、雑菌まみれの世の中に飛び込んでいくという物語。

 

そして、ある青年に告げられるのです。

「お前みたいな過保護が日本をダメにするんだ」って・・・。
カホコは、「自分探し」を始めます。

 

毎回「こんなの始めて!」な経験を通して自分の中に眠っていた本当の「力」が出てきます。

そして家族の問題を次々と解決していくという痛快ホームドラマ!!!昨今では、一人っ子の割合は少しづつ増加傾向にあると言われていますね。それは、晩婚化や経済的な理由もあるんだと思います。あえて一人っ子にして、自分の愛する子どもに十分な愛情を注ぎたいと考えている親が増えてきているのは当然の流れといえると思います。

そのため、大家族が多かった昔の感覚から見れば、この物語の主人公のような「過保護」な子どもが増えてきていると思う方々も多いかもしれません。

愛するわが子の力になりたい、守りたい、と願うのが親心。でも、かわいい子には旅をさせ・・・と少しづつ親離れさせていくタイミングを考えることも必要かもしれません。

それがまた難しい!!

このドラマの主人公・カホコを一言で言うと「世間知らず」。でも、世の中の人たちは、「子どもは親の鏡」と思っている方が多いです。

そう、カホコが悪いのではなく、親が悪い、ということになりますよね。ある意味、カホコは被害者なのかもしれません。フリな境遇に育てられたカホコは、社会の荒波に立ち向かえるのでしょうか。

そして、親は子離れができるのでしょうか?カホコ親子の成長過程を見守りたいです。このドラマは原作なしのオリジナルストーリーです。遊川和彦ワールドというので、そこも注目の1つです。ドラマ「過保護のカホコ」・・・・親世代にも、子供世代にも観てほしいドラマです。

 

『過保護のカホコ』のキャスト、スタッフ情報

ドラマ「過保護のカホコ」のキャスト陣をご紹介します。

「根本家」

根本加穂子/高畑充希
過保護すぎる親のもと育てられた21歳女子大生。
ある一人の青年に出会って成長していきます。

 

【高畑充希】

★1991年12月14日生まれ
★大阪府東大阪市出身
★血液型はAB型
★代表作にドラマ『とと姉ちゃん』、『軍師官兵衛』、『ごちそうさん』、

映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などなど大活躍の女優さんです。

演技も上手だし、高畑充希さん演じる「カホコ」を早く観たいです。

根本泉/黒木瞳
加穂子の過保護な母親。
娘を過剰に愛しています。

 

【黒木瞳】

★1960年10月5日生まれ
★福岡県八女市出身
★血液型はA型
★代表作に映画『失楽園』、『20世紀少年』、ドラマ『GOOD LUCK!!』、『白い巨塔』など
黒木瞳さんの娘に生まれてみたかった~と思うほど、きれいで誰もが憧れる女優さんですね。
根本正高/時任三郎
加穂子の父親。
思ったことをなかなか口に出して言えないダメな父親です。

 

【時任三郎】

★1958年2月4日生まれ
★東京都世田谷区出身
★血液型はO型
★代表作にドラマ『ふぞろいの林檎たち』、『ライスカレー』、『Dr.コトー診療所』、
映画『天国までの百マイル』など
カホコの考え方に変化をもたらす青年は誰?
麦野初/竹内涼真
親に捨てられて養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちして大学の学費を稼ぎながら画家を目指す。加穂子(高畑充希)に辛辣。

 

【竹内涼真】

★1993年4月26日生まれ
★東京都出身
★血液型はA型
★代表作にドラマ『仮面ライダードライブ』、『下町ロケット』、『時をかける少女』、
映画『青空エール』など
仮面ライダードライブ、観てましたよ~。
刑事役・・・。かっこよかった~。
私はもちろん親目線で、竹内涼真さんの活躍がうれしいです。
そして、カホコの親の親・・・。
並木初代/三田佳子
泉(黒木瞳)の母です。
なんか存在が最強すぎます(笑)
黒木瞳さんの親役が三田佳子さん・・・・、すごいの一言です。

 

【三田佳子】

★1941年10月8日生まれ
★大阪府大阪市出身
★血液型はO型
★代表作にドラマ『太閤記』、『いのち』、『花の乱』、映画『利休』など
並木福士/西岡徳馬
泉(黒木瞳)の父親。
最近、YouTubeで観た姿が忘れられない・・・・
それは、海パン姿の西岡徳馬さん。
「そんなの関係ねい!」を小島よしおさんとやってました(笑)

 

【西岡徳馬】

★1946年10月5日生まれ
★神奈川県横浜市出身
★血液型はA型
★代表作にドラマ『極道の妻たち』、『名探偵キャサリン』、『浅見光彦シリーズ』、『緑川警部シリーズ』など

並木環/中島ひろ子

 

【中島ひろ子】

★1971年2月10日生まれ
★東京都出身
★血液型はA型
★代表作にドラマ『すずらん』、『半沢直樹』、映画『櫻の園』など
並木衛/佐藤二朗
環の夫。

 

【佐藤二朗】

★1969年5月7日生まれ
★愛知県春日井市出身
★血液型はA型
★代表作にドラマ『勇者ヨシヒコシリーズ』、『ようこそ、わが家へ』、『神の舌を持つ男』、
『スーパーサラリーマン左江内氏』など

並木節/西尾まり
泉の妹で並木家の三女。

 

【西尾まり】

★1974年4月2日生まれ
★東京都出身
★血液型はA型
★代表作にドラマ『うちの子にかぎって・・・』、『パパはニュースキャスター』、『ケイゾク』など
「うちの子にかぎって・・・」、私、幼いころこのドラマ好きで、楽しみにしてました。
主演をすることはあまりないですが、存在感のある女優さんですよね。
並木厚司/夙川アトム
節(西尾まり)の夫。

 

【夙川アトム】

★1979年12月22日生まれ
★兵庫県西宮市出身
★血液型はAB型
★代表作にドラマ『鍵のかかった部屋』、『リッチマン、プアウーマン』、
『ようこそ、わが家へ』、『べっぴんさん』など

並木糸/久保田紗友
節(西尾まり)と厚司(夙川アトム)の娘。

 

【久保田紗友】

★2000年1月18日生まれ
★北海道札幌市出身
★血液型はB型
★代表作にドラマ『神様のイタズラ』、『べっぴんさん』、『4号警備』など

私は初めて知った女優さんです。
今回のドラマでの演技が楽しみです。

 


スポンサーリンク

ドラマ「過保護のカホコ」の根本家の人々・出演陣

このドラマ「過保護のカホコ」。

出演陣のキャラクターが濃過ぎます。
相関図を観ると豪華な顔ぶれが一目で分かり、驚きました。

 

先ほどまでは、黒木瞳さん演じる根本泉の家族までご紹介しましたが・・。
ここから先は、時任三郎さん演じる根本正高の家族について書いていきます。

根本正興/平泉成
正高(時任三郎)の父親。

 

【平泉成】

★1944年6月2日生まれ
★愛知県岡崎市出身
★血液型はO型
★代表作にドラマ『はみだし刑事情熱系』、『瑠璃の島』、『家政婦のミタ』、『あまちゃん』など
おじいちゃん役には欠かせない存在ですよね。
ひっぱりだこではないでしょうか。

根本教子/濱田マリ
正高(時任三郎)の妹。

 

【濱田マリ】

★1968年12月27日生まれ
★兵庫県神戸市出身
★血液型はB型
★代表作にドラマ『菊次郎とさき』、『アンフェア』、『カーネーション』、『マッサン』など
個人的に大好きです。
よく見るととても美人です。
中谷美紀っぽいって私は思うのですが。。。

 

ドラマ「過保護のカホコ」 スタッフ情報!!

脚 本         遊川和彦

音 楽         平井真美子
チーフプロデューサー  西 憲彦
プロデューサー     大平 太、田上リサ
演 出         南雲聖一、日暮 謙
伊藤彰記、明石広人
制作協力        5年D組製作著作日本テレビ
今回のこのドラマ「過保護のカホコ」ですが、
脚本家が遊川和彦さんということで、注目されているドラマです。

 

遊川和彦さんの表題作を調べてみました。
女王の教室
GTO
学校へ行こう!

家政婦のミタとなっています。みんな、有名なドラマですね。さすが、「売れっ子脚本家」といったところではないでしょうか。あの伝説のドラマ「家政婦のミタ」の脚本家ですもんね。

 

家政婦のミタをヒットさせたほか、

過去「女王の教室」などの脚本も担当していました。
脚本界でも、「ヒットメーカー」として有名な方です。

 

でも、さすがに全てのオリジナルドラマをヒットさせるわけではありませんでした。

特に、最近は「家政婦のミタ」以降、あまり目立った作品を出せていません・・・。

 

家政婦のミタが2010年の放送。

あれからもう7年前です。
今回の「過保護のカホコ」に期待が集まります。
きっと、遊川作品を盛り上げるキャスト陣だと思いますで、
すごいドラマが出来上がると思っています。

 

ドラマ「過保護のカホコ」出演の竹内涼真さんについて

ドラマ「過保護のカホコ」に出演する竹内涼真さんについて、ご紹介します。
きっとみなさんも虜になること間違いなしです。
竹内涼真さん・・幼い頃からサッカーをしていたといいます。
しかも本格的。

ヴェルディサッカースクール相模原→高校時代に東京ヴェルディユースに所属。東京ヴェルディユースの同期には杉本竜士、南秀仁、舘野俊祐、田中貴大など。

ポジションはDF。

確か、向井理さんも学生時代、学校の部活でサッカー部でDFでした。

 

DFにはイケメンが多いのか??(笑)

竹内さん、サッカー推薦で大学に進学したんですが、「自分はプロ選手にはなれない」と思い、
サッカー選手になることをあきらめたそうです。
そこで、2013年4月、知人のすすめで女性ファッション誌『mina』初の男性専属モデルオーディションに応募することにしました。

 

『minaカレグランプリ』というオーディションで、2457人の中からグランプリを獲得したんです。そして、ホリプロ所属となり、現芸名で芸能活動を開始することになりました。

竹内涼真さんは、デビュー前から仮面ライダー役を演じることを目標に掲げていたそうです。2013年8月に、『第43回東京モーターショー2013』の公式サポーターズファミリーとして結成された「車家の人々」が実施した「次男は君だ!!オーディション」でグランプリに選ばれます。

10月より放送のミニドラマ『車家の人々』で俳優デビューを果たしました。

その翌年、2014年10月。
はれて念願だった『仮面ライダードライブ』の主演・泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ役を務めることになるのです。
有言実行タイプなのかな?
さすがスポーツマンって感じです。

 

そして今回は、主人公に影響を与える青年役。

きっといい青年なんでしょうね。
竹内さんの演技に期待しています。

 

最後に・・・

7月スタートのドラマ「過保護のカホコ」。
出演陣が豪華すぎて、相関図を観たときにビックリしました。
カホコの親も豪華だけど、親の親もスペシャル!!
内容も、現代の問題を面白おかしく描いている感じなので、楽しみです。

過保護のカホコ キャストやあらすじ相関図は?についてでした。



スポンサーリンク