「ごめん、愛してる」のロケ地はどこ?

2017-06-25_22h26_01

2017年7月の夏ドラマ「ごめん、愛してる」。

韓国の人気ドラマのリメイク版でTOKIOの長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶらが出演することで話題になっています。

気になるのはやはりロケ地!

そこで今回は『ごめん、愛してる』のロケ地やドラマの内容についてご紹介したいと思います!


スポンサーリンク

ドラマ「ごめん、愛してる」の主なキャスト紹介

■岡崎律 長瀬智也
岡崎律は、幼いころ、母親にすてられて児童養護施設で育ちました。社会人になっても、裏社会で生きざるを得ず、暗澹たる気持ちで生活していました。

ふとしたことで一人の女性、三田凜華(吉岡里帆)を助けました。それが運命の出会いでした。

ある日、律は事件に巻き込まれて、頭に致命的な傷を負ってしまいます。

長くは生きられないと察した律は、自分を捨てた母親を探し始めて、日向麗子(大竹しのぶ)を突き止めますが、その家庭にはサトルという息子がいました。

長瀬智也さんは、1978年生まれの38歳のアイドル、俳優、タレントです。1994年にTOKIOのメンバーになりました。

俳優としても、「白線流し」「タイガー&ドラゴン」「ムコ殿」「マイボス マイヒーロー」など、多くのドラマに出られています。

■三田凜華 吉岡里帆
三田凜華は、他人のために自己犠牲をいとわない純粋で愛情深い女性です。

吉岡里帆さんは、1993年生まれの24歳の女優です。

京都府太秦出身。映像会社を経営するカメラマンの父親や、母親、祖母などの影響を受けて、小さいころから芸能への思いがあったようです。

書道家を目指して京都橘大学文学部に進学されますが、演劇へとのめり込みました。2013年より、女優として活動を始められました。

最近では、「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチ」「カルテット」などに出られています。

■日向麗子 大竹しのぶ
日向麗子は、元一流ピアニストでした。

世界的に活躍しましたが、挫折して、その想いを息子のサトルに託して、全ての愛情を注いで甘やかしています。

大竹しのぶさんは、1957年生まれの59歳の女優です。

1973年のフォーリーブスの北公次のドラマ「ボクは女学生」の相手役に応募して、芸能界にはいられました。憑依型の女優として、日本を代表する女優のひとりです。

最近では、映画「ギャラクシー街道」「後妻業の女」「真田十勇士」などに出られています。

■古沢塔子 大西礼芳
サトルが夢中になる個性的な天才サックス奏者です。恋愛に奔放で、自由気ままにカッコよく生きてる女性です。

大西礼芳(あやか)さんは、1990年生まれの26歳の女優です。

三重県出身。2009年、京都造形芸術大学映画学科俳優コースの1回生のときに、映画「MADE IN JAPAN~こらッ!~」のヒロインに抜擢されました。それ以降、多くのドラマ、映画に出られています。

最近では、「はじめまして、愛しています」「バイプレイヤーズ」「フランケンシュタインの恋」に出られています。

■加賀美修平 六角精児
加賀美修平は、日向麗子(大竹しのぶ)を憎んでいるゴシップ記者で、律(長瀬友也)に近づいていきます。

六角精児さんは、1962年生まれの54歳の俳優です。

兵庫県出身。中学のときには、演劇をやる人の気持ちが分からないと思われてたようですが、高校のときに演劇部にたまたま入って、主演された部隊が全国大会にまで行ってしまい、そのまま続けられました。

学習院大学中退後、劇団にはいられていましたが、2006年の「電車男」くらいからブレイクされました。「相棒」シリーズの鑑識、米沢守で有名です。

■河合若菜 池脇千鶴
律(長瀬友也)とおなじ児童養護施設で育ちました。

子供のころに事故に遭って、高次脳機能障害になって、事故のときの7歳程度の知能で止まっています。8歳の子供がいます。

池脇千鶴さんは、1981年生まれの35歳の女優です。

1997年、TV東京の「ASAYAN」の企画から、第8代理ハウスガールとして芸能界デビューされました。1999年、映画「大阪物語」で映画デビューされて、多くの新人賞を獲得されました。

2001年の朝ドラ「ほんまもん」を主演されています。2014年の映画「そこのみにて光輝く」で日本アカデミー賞など、多くの賞を受賞されました。

■三田恒夫 中村梅雀
三田恒夫は、日向麗子(大竹しのぶ)を崇拝していて、彼女のためなら手を汚すこともいとわないマネージャーです。

中村梅雀さんは、1955年生まれの61歳の歌舞伎役者、俳優、ベーシスト、作曲家です。1995年のNHK大河「八代将軍吉宗」の徳川家重役が話題になって、全国的に名前が知れ渡りました。

それ以降、多くのドラマに出演されています。多くの刑事ものや時代物シリーズを持たれています。

ドラマ「ごめん、愛してる」のあらすじ

主人公の岡崎律は、幼少期に母に捨てられて地獄のような環境で育ってきた。そんな律が出来た唯一の生き延びる術は、裏社会で生きていくこと。

律は暗雲とした裏社会で過ごし、荒れた生活を送っていた。

そんな律は、ある日たまたま三田凛華という女性を助けた。その女性が運命の人であるとも知らずに・・・。

偶然の出会いから一時が過ぎ、律はとある事件に巻き込まれ、頭部を負傷し絶命の危機に瀕してしまった。

律は、せめて最後に親孝行がしたいと必死の思いで母である日向麗子を探し当てた。しかし律は愕然としてしてしまう。

なんと貧乏がゆえに律を捨てたと思っていた母が裕福な生活を過ごしながら息子のサトルを溺愛していたのであった。

果たして、これまで愛情を受けてこなかった律は人から愛されることが出来るのか。

複数の人間関係が絡み合った珠玉の韓国ドラマが、この夏から再始動します。


スポンサーリンク

ドラマ「ごめん、愛してる」のロケ地①赤坂見附駅付近

ドラマのロケは2017年5月中旬から開始されたようです。

まだクランクインしてから2週間程度なのであまり、情報が少ないですが5月15日に赤坂見附駅の周辺で長瀬智也さんの目撃情報が相次ぎました。

赤坂見附駅を出てすぐのあたりは飲食店や居酒屋、バーなどが多く、歓楽街として有名です。

赤坂見附駅は地下鉄の銀座線と丸ノ内線の2路線が乗り入れているので交通アクセスも良いのがこれほどまでに多くの飲食店が集まっている理由かもしれません。

ドラマの設定としてカジノの用心棒の律。裏社会で生き延びたということでこのあたりのメインストリート、そして路地裏が律が普段生活している場所ということかもしれません。

ドラマのエキストラ募集をしていたことから、この赤坂見附駅周辺がロケ地ということで間違いないと思います。

ちなみに飲食店や飲み屋が多いのは赤坂見附駅の西側のエリア、特に南西です。細い路地にある居酒屋やお店が狙い目です。

赤坂見附駅の住所:東京都港区赤坂3-1

ドラマ「ごめん、愛してる」のロケ地②大森銀座商店街ミルバ

5月18日に大森にある「大森銀座商店街ミルパ」で長瀬智也さんが目撃されています。

アーケードがある商店街として地元や周辺住民から愛されているエリアです。

ミルパは商店街のマップをみてもわかるように結構広いエリアです。

どの場所で撮影されたか具体的にはわかりませんが、いくつかの目撃情報とそのツイート主の属性情報からここの「大森銀座商店街ミルパ」で確定とします。

また、この庶民感あふれる雰囲気が、小さい頃から孤独で誰からも愛されてこなかった、岡崎律の住む町としてピッタリなのではないでしょうか。

歩いているシーンや商店街の店主と軽く会話する様子などが撮影されたのでしょうか。

大森銀座商店街ミルパの住所:東京都大田区大森北1-35-12

ドラマ「ごめん、愛してる」のみどころとは

■人間関係

韓国ドラマ、と言うとやはり恋愛モノでかなり濃厚な恋模様が描かれ、涙をそそるような描かれ方が多いですよね。

悲しい結末というか、どうすることも出来ない現実の厳しさに直面してしまってもらい泣きといった感じでしょうか。

韓国版でももちろん、涙なしには語れない!といった評価が数多く有り、今回のドラマも人間関係の行く先に待っている結末にハンカチが離せないドラマになるのでしょうか。

■ごめん、愛してるの意味

2つの三角関係を描いたこのドラマ、話の展開が進んでいくごとに明かされていく過去の謎とは何なのか?

回を追うごとに真相に近づくほどに息子を捨てた母の真相も分かっていくのでしょうか。

ドラマがとても楽しみになりますよね。ぜひ見てみてください!

「ごめん、愛してる」のロケ地はどこ?についてでした。



スポンサーリンク