ハロー張りネズミ キャストや相関図とは?瑛太が!?

2017-06-19_16h45_33

ハロー張りネズミ キャストや相関図とは?瑛太が!?

7月からスタートするドラマ「ハロー張りネズミ」について!

瑛太さんが主演を務めることで話題になっていますね♪

今回はどんな物語で他のキャスト陣はどうなっているのか詳しくご紹介したいと思います(=゚ω゚)ノ


スポンサーリンク

ドラマ「ハロー張りネズミ」の基本情報とは

ドラマタイトル:ハロー張りネズミ

放送局:TBS

放送曜日:毎週金曜日

放送時間:22:00~

原作:弘兼 憲史「ハロー張りネズミ」(講談社「ヤングマガジンKC所載」)

脚本/演出::大根 仁

プロデュース:韓 哲、市山 竜次(オフィスクレッシェンド)

原作は“島耕作シリーズ”でお馴染みの弘兼憲史の同名マンガハロー張りネズミとなっています。

1980年〜1989年にわたり講談社「週刊ヤングマガジン」にて連載され人情ものやサスペンスを始め、企業ものや超常現象に至るまで幅広いテーマを扱い大人気を博した不朽の名作です。

この手ものは社会人に人気の作品ですね♪

今回ドラマ化になりさらには主演が瑛太さんということで間違いなしのドラマです(^^)

ドラマ「ハロー張りネズミ」のあらすじとは

東京都の板橋区、下赤塚にひっそりと佇む「あかつか探偵事務所」。

お気楽所員の五郎(瑛太)とグレ(森田剛)は、事務所の下にあるスナック「輝(キララ)」にて、今日ものん気にバイトの萌美にちょっかいを出す日々。

そんな時、天井からドンドンと音が響く。さらに三回ドンドンドンと響き、それが所長の風かほる(山口智子)からの依頼の合図だと気付いた五郎とグレは、急ぎ事務所へ戻った。

昼間から酎ハイをあおるかほるに悪態をつかれながら迎えられ、二人は事務所に尋ねてきた依頼主と対面。

川田という男の依頼は、なんと、一ヶ月前に亡くした娘を探してほしいというものだった。その話を聞いた五郎とグレは……。


スポンサーリンク

ドラマ「ハロー張りネズミ」のキャスト

◆瑛太 (役:七瀬五郎)
4年ぶりの連ドラ主演。TBS系は初主演ということで、気合十分です。

後ろ髪を束ね、ハリネズミを意識した見た目づくりをされたような。ドラマ『ラッキーセブン』ですでにその探偵の実力は開花されています。

今回もその探偵としての腕前をしかと披露してくれるはず。更にバカでスケベな役どころを、役として演じるだけにとどめたいといった照れ屋な一面も。

瑛太さんの魅力前回で演じてもらいたいですね。

◆深田 恭子(役:四俵蘭子)
いくつになってもかわいらしい深キョン。今回はミステリアスな女性の役どころ。

韓プロデューサーが「今作で新しい深田恭子像を見せたい」という意気込みとのこと。

個人的にはおすましの美人キャラよりおバカで可愛い深キョンが見たいのですが。。。瑛太さんとは映画『ワイルド7』以来2回目の共演となります。
◆森田 剛(役:木暮久作)
V6のメンバー。V6でのアイドル・歌手としてのお仕事の傍ら最近はソロでの俳優業も順調。

2016映画『ヒメアノ~ル』で初主演。ドラマは『リスクの神様』以来ですね。今回も似たような役どころ。

探偵ドラマならではのアクションシーンもかっこよくキメてくれそうで楽しみですね。
◆中岡 創一(ロッチ)(役:マスター)
いうまでもないと思いますが、お笑いコンビロッチの片割れ。中岡さん、コントでも演技上手ですからね、いい味出してくれそうですよね。

しかし、意外にも連続ドラマ初レギュラー!
ボケを封印せず、その魅力をいかんなく発揮してほしいです。

◆片山萌美(役:萌美(もえみ))
”新グラビア女王”の呼び声が高い。第44回ミス日本コンテストに出場しミス日本「ネイチャー」を受賞した。

両親とも役者さんというDNAで舞台を中心にグラビアだけではなく、女優さんとして活躍中。

中岡さん曰く、大根監督が、片山さんの胸への執着がすごい!ということで、その美胸にも期待したいです。

◆蒼井 優 (役:河合節子)
透明感のある女優さん。最近は悪女キャラが板についてきましたね。ドラマは『Dr.倫太郎』以来。

とらえどころのない独特な空気感でドラマの中盤から登場とのこと。
◆リリー・フランキー(役:南)
日本を代表するマルチタレント。その不思議な雰囲気がどのドラマでもキラッと光ります。

今回もドラマ序盤の鍵を握るキーマンとして登場。今作で演出と脚本を務める大根監督の盟友であり、大根作品の常連。
◆山口 智子(役:風かほる)
人気絶頂の頃、唐沢寿明さんと結婚。いったん女優業はお休みして最近また少しずつ女優としてのお仕事をしています。

いくつになっても見た目も演技も変わらない山口さん。可愛い女性ですよね。

過去にそのご主人の唐沢寿明さんが映画『ハリー張りネズミ』で七瀬五郎を演じてたみたいですね。

ドラマ「ハロー張りネズミ」の相関図:「あかつか探偵事務所」

七瀬 五郎(ななせごろう:瑛太)

「あかつか探偵事務所」所員本ドラマの主人公。通称「ハリネズミ」。バカでスケベだが、人情に厚く、事件の嗅覚と行動力は抜群。

ちょっと抜けているところもあるが、ケンカも強く、あかつか探偵事務所のムードメーカー的存在。

ある事件で蘭子と知り合うことになる。

原作では、年齢は25歳。身体能力が高くその才能を生かして探偵として活躍しているという設定。

山口県の農家出身。

木暮 久作(こぐれきゅうさく:森田剛)

「あかつか探偵事務所」所員。五郎の相棒。暗い過去の持ち主だが、普段は明るく、バカでスケベ。

元ギャンブラーであり、洞察力はするどい。原作では、年齢は36歳。

お化けが苦手。広島市生まれ。

風 かほる(かぜかおる:山口智子)

「あかつか探偵事務所」所長。人望はあるが、昼間から本格的に酒を飲むなど。豪快な5時から女。

そのせいか未だに独身であるが、過去は不明。原作では、年齢は28歳という設定。

四俵 蘭子(しだわららんこ:深田恭子)

ある事件をきっかけに五郎と知り合うことになる。ミステリアスな美女だが、その正体は謎に包まれている。

原作では「サンダー交易疑獄事件」後、赤塚探偵事務所の一員となる。

七瀬とは男女の関係を持ったが、その後はつかず離れずの関係。双子の姉の尾津蓮子がいる。瀬戸内海の白神島出身。

ドラマ「ハロー張りネズミ」の相関図:スナック「輝(キララ)」

マスター(中岡創一)
「あかつか探偵事務所」の下にあるスナック「輝(キララ)」のマスター。

基本的に無気力な年齢不詳の中年独身男。その私生活などは謎に包まれている。原作では、あかつか探偵事務所の向かいにある喫茶店、「リバティーハウス」のマスター。

年齢不明、独身。七瀬と木暮はこの「リバティーハウス」の常連なので事件の発端になることもしばしば。
萌美(もえみ:片山萌美)
スナック「輝(キララ)」アルバイト。

お店の看板娘。ナイスバディー。露出の多い格好をしている。いつもゴローやグレからちょっかいを出されている。

原作では登場しない。ドラマオリジナルキャラクターでしょか?

ドラマ「ハロー張りネズミ」の相関図:その他

河合節子(かわいせつこ:蒼井優)
美人霊媒師。素性や生い立ちは不明だが、類まれな霊能力を持つ。

原作では、普段は専業主婦で書道家の中年女性。

南(みなみ:リリー・フランキー)
「サンライズ出版」社長。おんぼろ出版社・サンライズ出版の経営者で普段はグータラの不良ジャーナリストだが、大企業のトラブルや揉め事を処理するという裏の顔を持つ。

蘭子の過去を知る人物。

ドラマ「ハロー張りネズミ」のみどこととは

ドラマ「ハロー張りネズミ」は25年以上前の漫画ですが、1991年に映画化、1996年に緒形直人さん主演でスペシャルドラマとして映像化され、さらに台湾でもドラマ化された人気コンテンツです。

そんな「ハロー張りネズミ」が大根仁監督の手によってどのように蘇ることになるのか注目ですね。

大根仁監督自身もいつかドラマ化してみたい作品だったそうで7〜8年前から温めてきた作品なんだそうで、かなり楽しみです。

ドラマ「ハロー張りネズミ」キャスト相関図とは?また詳しい内容についてでした。



スポンサーリンク